ノー霊感!寺生まれのTさんの徒然日記

お金がない!でも進学したい!そんな寺生まれの学生がお金目当てで始めたブログです。

【TVレビュー】ゲイツと友達とクジゴジ堂

なんまんだぶ、なんまんだぶ。

 

こんにちは!🌞

寺生まれのTさんです。

霊感はありません。

 

さて、日曜日は毎週恒例、「仮面ライダーレビュー」をしていきますよ〜!

今回は『仮面ライダージオウ』第28話「オレたちのゴール2019」です!

 

前回の記事はこちら!

 

www.temple-t3.com

 

 

復讐に燃える男その① 加古川飛龍

???「誰だお前は!」

???「復讐に燃える男、スパイダーマッ!」テッテレーテレレ テレッテレー テレレ!

 

前回、黒ウォズやウールとともに白ウォズを出し抜いたアナザージオウこと加古川飛流。

ウールから報酬とともに手のひらいっぱいのアナザーウォッチをもらいます。

 

プレミアムバンダイにいくら貢げばこのシーン再現できるでしょうか…?

 

飛流は、そのウォッチをなんの関係もない一般人に押し付け、アナザーライダーを大量に生み出しました。

 

今年の春映画『アナザーライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』の始まりです!

 

そうして、生み出したアナザーライダーとともに飛流は、ゲイツの元に向かうソウゴの前に立ちはだかります。

 

ソウゴは一刻も早くゲイツの元へ向かいたい。

しかし、飛流は道を開けるつもりはありません。

 

お前さえいなければ両親は死なずに済んだ。

 

そう考える飛流にとって、多くのアナザーライダーを率いている状況はソウゴを葬る最大のチャンスだからです。

 

ソウゴはやむなくジオウⅡに変身。

速攻でアナザービルドアナザーエグゼイドを倒し、包囲を突破するために戦いますが…

 

それにしてもアナザービルドとアナザーエグゼイドはあっという間にやられてしまいましたね…

「再生怪人」枠とはいえ、そこは仮にも「ライダー」を名乗る存在、もう少し粘っても良かった気がします。

仮面ライダー3号』で多くの主役ライダーが本編外で敗北&洗脳され噛ませ犬扱いになったのはここでは禁句。

 

復讐に燃える男その② 明光院ゲイツ

こちらは、復讐に燃えているというか、ツクヨミの無念を晴らすため、ソウゴとの決着をつけるため、という側面が強そうです。

 

しかし、ゲイツの場合飛流とは対照的に、「できることならこうしたくなかった」という気持ちが強い。

 

なんだかんだ言って、ソウゴに友情を感じているのです。

 

さて、28話では、前話で白ウォズから変身能力を奪取した黒ウォズに対し、ゲイツリバイブで戦いを挑みます。

さすが、ジオウⅡと互角に張り合えるだけあって、ゲイツリバイブはウォズを圧倒します。

 

しかし…戦闘を終えたとき、ゲイツの目からは血涙が

鼻・耳ときて、今度は目です。

 

ゲイツリバイブで戦闘するたびに出血しているので、ゲイツの血が足りなくなるのではないかとヒヤヒヤします。

 

順一郎さんには鉄分多めの料理を作って欲しい。

 

さて、ウォズも端からゲイツに勝つつもりはなく、戦うことでゲイツを消耗させることが目的だった様子。

血涙まできたら、だいたい目的は達成できたと言っていいでしょう。

 

しかし、消耗と出血がイコールなのはちょっと大変かも。

流血表現が多いと保護者からのクレームが増えそうです。

多分、そのうち出血なしで変身&戦闘ができるようになると思いますが…

 

 

復讐の鬼・飛流 VS ボッチ・ソウゴ & ツンデレゲイツ

ソウゴが包囲を突破し、ゲイツと合流しました。

 

ゲイツに対し、ソウゴは

 

「オレがオーマジオウになると判断したなら、ゲイツがオレを倒してくれ。ツクヨミゲイツの判断ならオレはそう信じる」

 

かつてツクヨミゲイツにかけた言葉を語ります。

 

動揺するゲイツ

 

そこへ、アナザーライダーを率いて飛流も現れます。

 

飛流は自分とアナザーライダーだけでソウゴを倒そうとし、ゲイツには「そこで見ていろ」と言い放ちますが、そこでゲイツは抵抗します。

 

「オレ以外に倒されるのは許さない!」

 

そして、ソウゴに共闘を呼びかけます。

 

やっぱりゲイツツンデレですね!

見た目も仮面ライダーナイト変身者の秋山蓮に似ていて、「秋山蓮リリィ」なんて散々な言われ方してましたけど、やっぱり内面もいい具合にツンデレで秋山蓮してました。

ジオウスピンオフで秋山蓮の登場&ゲイツとの共演が確定という最高の商品(?)が出ているのにこの期に及んで秋山蓮ポイントを蓄積していくのは一体どういうことなんでしょうね…

 

ソウゴはそれに応じて変身し、アナザーライダーを素晴らしいコンビネーションで撃破し続けていきます。

 

なんだよ…結構相性いいじゃねえか…(知ってた)

 

今回の戦闘シーンの見所はここですね。

目まぐるしくアーマーをチェンジし、アナザーライダーに対応したアーマーで必殺技を決め、2人がそれぞれアナザーライダーを各個撃破していくシーンは、これまで放送を見てきたファンにとって痺れるものでした。

 

ただ、今まで1体撃破に2話費やしてきたことを考えると、アナザーライダーが弱体化しすぎたようにも思えます。

再生怪人の宿命ですかね…

 

そうして、ジオウはジオウⅡへ、ゲイツゲイツリバイブへ強化を遂げると、これまた双方の持ち味を生かした連携でアナザージオウを見事撃破します。

 

ジオウⅡゲイツリバイブ、この組み合わせはひょっとすると最強なのかもしれません。

 

クジゴジ堂へおかえりなさい。…ん?増えてる?

敗北した飛流に対し、ソウゴは

 

「過去より今を生きようよ」

 

と言葉をかけます。

 

すると、飛流はどこかへ去っていきました。

 

アナザージオウライドウォッチは一度破壊されましたが、人知れず復活して…

今後も飛流とは一悶着ありそうです。

 

さて、ソウゴはゲイツに対し、「寂しい」という気持ちを率直に打ち明け、クジゴジ堂に戻るよう頼みます。

 

しかし、ゲイツツクヨミのことを思うと決着をつけるしかないと思い、強く悩みます。

 

そこへ…

 

時空を超えるオーロラから2009年に行っていたツクヨミが現れて、真剣な顔で2人の間に割って入ります。

 

すると…

 

ソウゴとゲイツは大爆笑…!

 

そう。

ツクヨミが戻ってきた以上、2人にはもう、戦う理由はありませんでした。

ソウゴについても、スウォルツの介入が判明した以上倒す必要はなくなりそう。

 

これからは3人、変な緊張を抱えることなく、心の底から友として信頼し合い、生活し、ともに戦うことができるようになりました。

 

ソウゴは笑顔で「新しい入居者」としてツクヨミゲイツを連れて帰ると、順一郎も歓迎して3人を迎えます。

 

しかしここで

「2部屋あったうちの1つがすでに貸し出されている」

ことが明かされます。

 

新たな入居者とは…?

 

祝え!

過去と未来を読み解き、ただしき歴史をしるす預言者

その名もウォズ。

まさに新居への入居が発覚した瞬間である!

 

まさかの黒ウォズ。

そして、順一郎はさらっとゲイツにウォズとの相部屋を求めます。

毎晩言い争って枕投げしそう…でも、そういうワンシーン見てみたい気もする。

 

入居者が1人増え、以前に増して賑やかになったクジゴジ堂。

幸せな感じで今回は終わりかな、と思いましたが…

 

おわりに

「この世界のお宝を

独り占めにはさせないよ、士。」

 

次回のレジェンド・海東大樹(仮面ライダーディエンド)が一瞬登場して終わりました。

 

そして…ナウオーヴァクォーツァー♪

次回予告では、相川始(仮面ライダーカリス)剣崎一真仮面ライダーブレイドも参戦!

 

あっ。

2人が出会ったらバトルファイトに決着がついちゃう!

ねじれこんにゃくがダークローチを召喚しちゃう!

世界が終わっちゃう!

 

そして、正体不明のアナザーブレイド!?

 

しかし、ディエンドはつくづくブレイドに縁があります(初登場はディケイドの「ブレイドの世界」、彼の元いた世界では劇場版ブレイドのライダーや怪人が登場、など)ね!

 

今回は本人(=ディケイドのようなリ・イマジネーションではない)のいる世界にガッツリ介入していくので、海東が物語をどうかき回してくれるか楽しみです!

 

しかし、今回はゲイツとソウゴ、そしてツクヨミの関係変化に重きを置いた回となりましたね。

情報量は先週より少なめですが、その分密度の濃いやりとりと熱い戦闘シーンを見ることができました。

こういう回も楽しめていいですね!

 

次回は久しぶりのレジェンド編、しかもブレイド編ということで楽しみになってきました。オンドゥル語は健在かな?

 

それでは、次回の更新もお楽しみに!👋

 

なんまんだぶ、なんまんだぶ。