ノー霊感!寺生まれのTさんの徒然日記

お金がない!でも進学したい!そんな寺生まれの学生がお金目当てで始めたブログです。

【映画レビュー】『PSYCHO-PASS SS Case. 3 恩讐の彼方に__』と狡噛さんと3期決定

なんまんだぶ、なんまんだぶ。

 

おはようございます!☀️

寺生まれのTさんです。

霊感はありません。

 

今回は、昨日見てきた映画『PSYCHO-PASS Sinnners of System Case. 3 恩讐の彼方に__』のレビューをしていきたいと思います〜!

 

f:id:Temple_T3:20190309102203j:plain

PSYCHO-PASS SS Case. 3』観てきたよ!

 

※一番面白いところのネタバレは極力避けます!

ただ、物語の冒頭部分や『PSYCHO-PASS』の既存シリーズに関するストーリーには言及しますので、ご容赦ください!

 

高校生の時にハマった!『PSYCHO-PASS』のディストピアな世界観!

この映画は、2012年に放送が始まり、TVシリーズ2期や劇場版、その他メディアミックス展開をしているアニメ『PSYCHO-PASS』の3作連続劇場作品の第3弾となっています。(なのでそれまでの作品を抑えていないとちょっとついていけないかも…💦)

 

この、『PSYCHO-PASS』という作品では、人間のあらゆる精神活動を数値化することができるようになった約100年後の未来で、犯罪的な心理傾向を持った「潜在犯」を犯罪が起きる前(もしくは起きてしまったあと)に取り締まる、「厚生省公安局刑事課1係」の活躍を描く作品です。

 

精神活動を数値化できる、という設定に、僕は個人的にワクワク感を感じてしまい、アニメ1期が放送終了した後の2013年に、『PSYCHO-PASS』の世界にどっぷり浸かっていきました(今でも浸かっています笑)。

 

まあ、よくよく考えたら人間の精神活動を数値化できるなんておっかない話ですよね。ディストピアですよね〜。

犯罪傾向があれば未然に逮捕、もしくは処刑されてしまうなんてのもおっかない。

 

こんな世界は嫌だ、と思いつつも、その世界で生きるキャラクターたちがシステムに抗っていくドラマは、追っかけて行かざるを得ない不思議な魅力を感じさせます。

 

日本で復讐を果たした男と、両親の復讐をしたい少女の交流のお話。そして…

今回の『PSYCHO-PASS SS Case. 3 恩讐の彼方に__』では、TVアニメ第1期の主人公の一人であった狡噛 慎也 (こうがみ しんや)に焦点が当てられます。

 

www.youtube.com

 

狡噛は、「潜在犯」でありながら「潜在犯」を駆り立てる刑事・執行官として、厚生省公安局1係に所属していました。

しかし、ある事件を追う中で、今の世界のルールでは裁けない犯罪者を裁くため、そしてかつての相棒の仇を取るという復讐のため、1係から脱走、独りで復讐を遂げてしまいます。

 

その後国外に逃亡し、東南アジアである事件に巻き込まれたり、各地で傭兵として紛争に介入して行ったりしながら、終わりのない旅に自らの身を置いていました。

今回の映画では、旅の中で「チベット・ヒマラヤ同盟王国」を訪れることになります。

 

オープン二ングでは、凛として時雨の『abnormalize』のアレンジ版が流れ、これから始まる物語に向けて観る人のテンションをガンガン上げていきます。

 

 

 

旅の最中、武装ゲリラに襲われる難民バスを助けたことから、狡噛はテンジンという女の子に「私の先生になってくれ」と頼まれます。

 

このテンジン、両親を殺害したゲリラに復讐をしたいという強い、しかしどこか脆い思いを持っていました。

狡噛は、「身を守る方法だけ教える」という条件付きでテンジンの「先生」となるものの、自身が復讐を果たしたあとに感じた虚しさを思い、彼女には同じようになってほしくないと考えます。

 

そこに、日本から外務省の役人・花城フレデリカが現れ、狡噛に接近したことで狡噛の運命はまた大きく動き出すことになります…

 

「復讐を果たした者」と「復讐をしたい者」という対照が、狡噛とテンジンという関係性の中で鮮やかに描き出されています。

「復讐を果たした」からこそ感じる虚しさ、一度人を撃ったことで抱えてしまう「命の重さ」と「過去」。

そういった狡噛の苦悩が、今回は深く扱われています。

 

そして、テンジンがある事実に気づき、チベット・ヒマラヤ同盟王国で起きた事件に巻き込まれたことをきっかけに、狡噛はフレデリカのある提案に同意し、事件の解決、そしてその先の未来に向け、歩みだしていくことになります。

 

今回の作品は、狡噛がずっと振り切れていなかったものに一つ折り合いをつけるまでのドラマと言えるでしょう…!

上映中は、もう狡噛の気持ちや行動の一つ一つが気になりすぎて、スクリーンに釘付けでした!

 

最後は、もう、ね…(これは劇場で確かめてください!)

 

そして、最後はEGOISTの『名前のない怪物』のアレンジ版!

 

 

TVアニメ1期EDにして、2015年公開の劇場版EDでもあるこの曲。

PSYCHO-PASS』ファンを最後まで楽しませる作品でした!

 

そして発表された…満を持してのTVアニメ3期!😻

そして、この映画が公開された昨日の舞台挨拶で、僕ら『PSYCHO-PASS』ファンが待ち続けたTVアニメ3期の制作発表が行われました。

 

news.livedoor.com

 

発表自体は僕がレイトショーで観にいく前だったので、大学の一室で興奮のあまり叫び、「3期にどう繋がるんだ…」という気持ちで映画を観にいきました。

 

3期では、とうとう主人公が完全に変わります。

これまでの登場人物も出てくるということですが、果たして新主人公たちとどのような関わり方で登場してくるのか…

 

これからも『PSYCHO-PASS』の世界から目が離せなくなりそうです。

 

終わりに

今回の映画は、それまでの『PSYCHO-PASS』サーガの一つの到達点という位置付けの作品でした。

 

この記事を読んで、『PSYCHO-PASS』の世界が気になった方は、とりあえずこの映画を観つつ、それまでの作品も観て、これから始まるTVアニメ3期に備えられてはいかがでしょうか。

 

それでは、次回の記事もお楽しみに!

 

なんまんだぶ、なんまんだぶ。