ノー霊感!寺生まれのTさんの徒然日記

お金がない!でも進学したい!そんな寺生まれの学生がお金目当てで始めたブログです。

【社会ネタ】僕とアイスと撤退戦

なんまんだぶ、なんまんだぶ。

 

こんにちは!

寺生まれのTさんです!

霊感はありません。

 

ただいま、新幹線🚄で帰省先から下宿先まで移動中です。

新幹線の旅の途中、先日話題になった例のアレを買ったので、食べたこと、考えたことをお話しします!

 

出たな!シンカンセンスゴイカタイアイス

新幹線の車内販売で、こいつを買いました!

f:id:Temple_T3:20190306154544j:plain

シンカンセンスゴイカタイアイスとコーヒー

 

ネットの一部界隈で

シンカンセンスゴイカタイアイス

と呼ばれている、ものすごいカタイアイスです。

 

この通称の由来は、『ニンジャスレイヤー』という外国発のニンジャエンタメ小説に出てくる「マルノウチスゴイタカイビル」をもじったところから来てるみたいです。

 

dic.nicovideo.jp

 

もう、まんまですね笑

 

さて、このスゴイカタイアイスくん、マジでカタイです。

スプーンが刺さらない!

 

そこで、以下のURLで紹介されていた方法を実行して、5分弱待ちました。

grapee.jp

 

f:id:Temple_T3:20190306154702j:plain

スゴイカタイアイス など、こうして攻略してやる!



すると、なんということでしょう!

5分弱で

シンカンセンナントカタベラレルアイス

に変化したではありませんか!

 

とは言え、相変わらずカタめ。

乳脂肪分もそこらのアイスより多めなので、濃厚かつハードなアイス🍨タイムを味わえました。

 

車内販売が縮小…

このシンカンセンスゴイカタイアイス、このカタさそのままに味わうには、基本的に車内販売でGETするしかないっぽいです。

 

しかーし!

その車内販売、3月16日付で大幅な縮小をしてしまうんです…!🙀

 

www.sankei.com

 

つまり、このカタさと格闘する機会が減少してしまうということ…(今回は闘ってないけど)

 

う〜ん😐、いわゆる撤退戦が各所で始まってますね…

 

撤退戦と少欲知足

gunosy.com

 

撤退戦といえば、セブンイレブンも営業時間を短縮する実験を始めるみたい。

ファミマローソンもその流れに乗って行くみたいです…

 

過度な便利さを手放す時期が迫っています…

 

「少欲知足」(欲は少なく、現状で足りているという感覚を持ちましょうという教え)を実践していくことが強いられる時代ですね…

 

もちろん、これらの動きが労働者不足や脱長時間労働という難しい問題に対する一つのアンサーであることに留意しないといけないのは間違いありません。

長時間労働の是正という観点から見れば、営業時間短縮というアプローチはアリだと僕も思います。

 

その一方で、

「あっ、撤退戦しなきゃいけないほど、日本は余裕がなくなってきているんだな」

と生活の中で感じさせ、少し切なくなってしまいます…

 

僕らが親になる頃には、どんな時代になっているんだろう…

きっと、「昔はコンビニ24時間やってたんだぜ!」って言っても、信じてもらえないんだろうなあ… 

 

少欲知足、でもちょっと気をつけたい。

「少欲知足」自体は、僕が所属している浄土真宗本願寺派の中でも扱われている大事な考え方です。

 

ただ、それが誰かによって強制される(「これで満足しなさい!」という押し付け)と、少欲知足は貧困を正当化する道具にもなってしまいます

少欲知足というのは、自分の内面で気付くからこそ意味のある考え方なのかなあ、と個人的には思っています。

 

そして、「多くを望まない」ことがあらゆる状況で正しいわけでもないという点にも気をつけなきゃいけない。

例えば、「社会を良くしたい」という欲・望みがなくなってしまっては、僕らの社会は停滞・衰退してしまいます。

「社会を良くしたい」「誰かのために何かしたい」そういう欲とか望みは、暴走してはいけないけど、一定レベルで持ち続けていきたいものです。

 

終わりに

シンカンセンスゴイカタイアイスから、撤退戦、少欲知足と、なかなかディープな話になってしまいました😅

 

贅沢したい!という欲望に振り回されないよう努めつつ、社会や誰かのためになりたい、そんな、未来を創る欲は殺さないように(もちろん、「誰かのため」という欲でも押し付けはダメ!)。

 

自分の頭で考えて、己の欲と向き合っていきたい。

そんなことを考えさせられるアイスタイムでした。

 

なんまんだぶ、なんまんだぶ。